イビサクリーム 副作用

MENU

イビサクリームに副作用の心配はあるのでしょうか?

イビサクリームの副作用

デリケートな部分、VIOゾーンの黒ずみに効果が高いイビサクリーム。

 

このイビサクリーム、効果が高いだけに副作用があるのかどうか、気になります。

 

今回、このイビサクリームに副作用はあるのか、調べてみました。

 

安心して使いたいからこそ、徹底的に副作用の有無は知りたいところですね。

 

イビサクリームに副作用の報告はあるのかな?

イビサクリームに副作用の報告があるかどうか、口コミを調べてみました。

 

結果はなしです。

 

今のところ、イビサクリームを使って副作用があったという方はいらっしゃいませんでした。

イビサクリームに副作用がある細分は含まれているのかしら?

報告だけではなく、イビサクリームに副作用がある成分は配合されているかも調べてみました。

 

美白化粧品で副作用があったという報告がある成分はハイドロキノンという成分が多いです。

 

強いもので白斑の恐れがあるとか。

 

敏感肌の方がこのハイドロキノンという成分が配合された化粧品を使うことは控えた方が良いとのことです。

 

ハイドロキノンはとても効果が高いけれど、副作用も高くなるという諸刃の剣のような点も指摘されています。

 

ですが、イビサクリームにはハイドロキノンは配合されていませんので、安心です。

 

デリケートなVIOゾーンに使用するのですから、まず刺激があるのなら使えないはずです。

 

VIOゾーンはボディソープなどでごしごし洗うとかゆみの発生や色素沈着をしてしまいます。

 

ですから、VIOゾーンはデリケートな成分ではないと使えない、つまり、安心で肌に優しい成分でないとデリケートな部分だけに普通のクリームでは難しいと言えます。

イビサクリームは安心して使えます!

ではイビサクリームにはどんな成分が配合されているのでしょうか?

 

イビサクリームにはトラネキサム酸2Kが美白成分として配合されています。

 

トラネキサム酸2Kはメラニンの生成をブロックし、お肌のターンオーバーを正常化させてくれます。

 

ですから、お肌のターンオーバーを活発にしてくれるので少しずつ透明感があるお肌にアプローチをかけてくれるのですね。

 

しかし、即効性はないそうですので時間はかかるそうです。

 

だけど、お肌に安心して使えるのなら、徐々に綺麗になれるのも頷けます。

 

イビサクリームは開発時に赤ちゃんでも使えるクリームとして開発されたそうです。

 

デリケートなVIOゾーンは他のどのパーツよりも刺激に弱いため、顔に使用する化粧品、クリームと同じ成分ではかぶれてしまう可能が高くなります。

 

ですから、このVIOゾーンに使う美白クリームはやはり専用の質の良いものを使いたい。

 

このイビサクリームはなんと医療部外品といって厚生労働省が薬事法で定めた成分を使用して認可されたものですから、安心して使用できます。

 

ここまで調べて、いままで副作用の報告がないのですから、もう副作用はないといっても過言ではないでしょう。

 

ですが、まだ心配な方はイビサクリームをかかりつけのお医者さんにお伺いを立ててみてください。

 

イビサクリームに副作用の報告は今までありませんでした。

 

気になる方は公式サイトをご覧くださいね。

 

>>イビサクリームの最安値はコチラ